真性包茎の分類|包皮口がとても小さくなっているピンホール型

ピンホール型の特徴をチェック

包茎には仮性包茎、カントン包茎、真性包茎といった種類に分類されますが、このうち真性包茎は全く亀頭を出すことができません。

真性包茎といっても状況によって、いくつかの種類に分類されています。真性包茎の1つに分類されるのが「ピンホール型」です。包皮口がまるで針穴のように小さいことから、ピンホール型と言われています真性包茎のピンホール型は包皮口は尿をかろうじて排泄できる程度の穴しか開いていません。かなり小さい包皮口となっているため、自分で皮をむくということは不可能です。

仮性包茎のように自分でむくことができないと、分類されるピンホール型の真性包茎を改善するには手術を受ける必要があります。このような状態の真性包茎の場合、まずは背面切開などで包皮口を広げ一時的に仮性包茎に近い状態にし亀頭を露出できるようにする手術と、この手術と同時に合わせて余剰包皮の切除するという包茎手術を行うケースが多いようです。

様々なリスクのある真性包茎は手術で解消しよう

ピンホール型に分類される真性包茎は、そのまま放置していると様々なリスクがあるので、手術で解消することをおすすめします。包茎は男性にとって大きなコンプレックスになる症状の1つです。真性包茎で、さらにピンホール型だとかなり大きな悩みとなってしまうでしょう。真性包茎が原因で恋愛にも、消極的になってしまうというケースも多いようです。手術で解消することでコンプレックスが無くなり、自分に自信がついたと感じる人も少なくありません。

また、精神的な部分でなく健康面においてもピンホール型の真性包茎は改善した方が良いと言われています。そのまま放置すると包皮と亀頭との間に垢や雑菌が溜まり不衛生ですし、菌が増殖しやすい環境となるので炎症や尿路感染症、性感染症などの疾患を発症するリスクが高まります。

このような疾患だけでなく陰茎がんを招くリスクも高くなると言われているので、ピンホール型の真性包茎は放置せず、包茎手術を得意としているクリニックに相談して、改善することをおすすめします。

まとめ

真性包茎は状態によって、いくつかの種類に分類されます。ピンホール型は包皮口が針穴のように小さいのが特徴です。かなり小さい包皮口となっているので、ピンホール型は自分で包皮をむくということはできません。

見た目にもコンプレックスになってしまうだけでなく、包皮と亀頭との間に汚れや雑菌が溜まり菌が増殖しやすくなるなと不衛生な環境となってしまいます。さらに亀頭が炎症したり尿路感染症などの疾患を招くリスクがあるので、そのまま放置せずに専門医に相談して改善することをおすすめします。